日本における真珠鑑別の始まりは、1978年に創業者(現名誉顧問)の小松博が、米国GIAの機関紙(Gems & Gemology Spring 1978)に発表した論文「黒真珠の鑑別」にあります。

以来、真珠科学研究所では、新たな鑑別方法や機材の開発を行ってきました。

それゆえ真珠鑑別については、国内外における最高権威として真珠科学研究所の存在は広く認められています。

鑑別鑑定書及び鑑別書の発行は、真珠販売店様からのご依頼のみとさせて頂きます。